アクセス時間:2024年06月24日(月曜日)05時06分

HOME → 千葉県透析医会トップページ
千葉県透析医会ホームページ
お知らせ 連絡事項
2023/09/01 20:03:05
武田 稔男
本日は大変お忙しい中訓練に参加いただき誠にありがとうございました。
20:00をもちまして訓練を終了いたしました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
2023/08/28 10:46:56
武田 稔男
災害時情報伝達訓練参加のお願い
謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
千葉県臨床工学技士会は,千葉県透析医会より災害時の透析医療対策として災害時情報ネットワークの運営協力を委嘱されて活動を行っております。災害時情報ネットワークは, 各施設からの情報入力方法の維持トレーニングとして訓練を行っております。
本年もホームページから実際に情報を送信することで理解を深めていただくべく,下記要領にて災害時情報伝達訓練を実施します。
ご多用のところ大変恐縮ではございますが,是非訓練に参加いただきますよう何卒お願い申し上げます。
      謹白
   記
日時 :2023 年 9 月 1 日(金)9:00~20:00
訓練方法 :千葉県透析医会災害時情報伝達・集計専用ホームページ(本ホームページ)内の[災害時情報送信]にて情報入力をお願い致します。
送信する内容につきましては,後術「被害想定」をご一読の上,施設に合わせた任意の情報と「その他・連絡事項」項に訓練情報である旨を入力して送信してください。
また災害時情報は,その後の対応,対策により変化します。そこで,[情報集計結果] などを確認しながら,複数回の情報送信をお願いします。
また 6 月 より 導入 いた しま した緊 急時 透析情報 共有マ ッピング シス テム (DIEMAS)[https://tokyo-touseki-ikai.com]においても同様に被災状況入力をお願いいたします。
今回の訓練を通し,有事の際において DIEMAS を有効活用できるように,日頃よりシステムの操作に慣れていただければと思っております。DIEMAS からの透析医会災害時情報ネットワークへの連携入力も可能です。
連携入力ができない場合,透析医会災害時情報ネットワークへの入力が重要となります。千葉県透析医会の情報入力をお願いいたします。
 以上

【災害の想定】
2023 年 9 月1日(金)未明,都心南部直下において M7.3 の地震が発生した。震度分布で震度 6 強以上であった地域の施設は,ライフラインの寸断により透析が不可能な状況となる。
【インフラ・ライフライン等の被害】
1)電力:震度 6 弱以上の地域では発災直後は約 5 割の確率で停電。1 週間以上不安定な状況が続く。
震度 5 以下の地域では停電する確率は低く,停電した場合でも当日復旧する割合は 50%を超えることが予想される。
2)通信:固定電話・携帯電話とも,通信が集中したためメールは遅れが生じる可能性。
3)上下水道:震度 6 の地域では約 5 割が断水。約 1 割で下水道の使用ができない。
4)交通:JR 東日本(在来線)では震度 5 弱以上にて運転の中止の可能性が高く,主要路線では少なくとも 1~2 日を要する。一般道はガレキによる狭小,放置車両等の発生で深刻な交通麻痺が発生。
5)燃料:非常用発電用の重油を含め,軽油,ガソリン等の消費者への供給が困難となる。

訓練の流れ
9 月 1 日
午前(9:00~12:00)
自施設の被災状況を分析するとともに,近隣施設の被災状況の把握に可能な限り努める。
被災により,一般道は瓦礫による狭小,放置車両等の発生で深刻な交通麻痺が発生していることを考慮し,患者,職員が参集可能なのかも分析対象とする。
その後,災害時情報ネットワークに自施設の状況を発信する。
各都県の災害対策本部は,該当する県の情報を集約し震源地(東京都)の東京都災害対策本部に情報共有する。
午後(13:00~18:00)
東京,神奈川,埼玉,千葉が被災し甚大な被害が発生していることを想定し,千葉県災害対策本部は,各都県の支援ならびに受援の状況の把握を行う。
また,甚大な被害があった地域では,近隣施設との独自のマッチングが困難な場合も想定されるため,千葉県災害対策本部が各都県と情報共有し検討を行う。
千葉県災害対策本部は,各都県に支援透析を依頼する方向で動いていることを各災害対策担当者にメールにより情報共有を図る。
20:00 本日の訓練終了
Copyright©日本透析医会All Rights Reserved.